本文へスキップ

直葬・家族葬専門の心富瑠(シンプル)葬祭です。

電話でのご相談・ご依頼はTEL.0742-55-9331

24時間営業

シンプル葬祭 シンプル葬儀  シンプル葬式 心富留葬祭

最近の施行 
 平群野菊の里斎場にて家族葬。
立派な式場で、ゆっくりとお別れをされました。
詳しくは、施行事例をご覧ください。

お金をかけなくても、心のこもったお葬式はできます

informationお知らせ

施行実績 559件
 (平成25年1月創業〜令和2年9月時点)

葬儀費用 全額返金保証

弊社は葬儀施行に絶対の自信を持っています。施行に満足いただけなかった際は、費用の全額をお返しさせていただきます。

  • 軽霊柩寝台車

    病院からの搬送のみのご依頼でもお受けいたします。
    4WDの軽寝台車で、狭いところや山道でも大丈夫です。
    同業者様よりの、ご依頼も勿論お受けいたします。

    遺体搬送寝台搬送
  • チラシ          なびチラシにリンクしています 

      ク チ コ ミ          ヤフーロコにリンクしています

心富瑠葬祭
 Simple Funeral
心富瑠葬祭

〒631-0804
奈良市神功4丁目16−9
24時間営業
TEL 0742-55-9331
FAX 0742-77-5126




************
心富瑠葬祭 相談サロン
奈良市山陵町2180

************



社長きまぐれ日記
以前の日記はここを、クリック
2020年1月30日(木)
サロンを見かけたので

 弊社の施行の、6割以上の方が、前もっての葬儀相談をされています。
先日も、サロンにお越しいただき、相談をいたしました。
弊社をどのようにお知りになったのか?お聞きすると、「近所なもんで、前々からこのサロンの事が気になっていたのです」と、おっしゃいました。
大通りから、外れた結構わかりづらい場所ながら、開設4年目にして、ちょくちょくこのようなお言葉をいただくようになりました (^O^)/
 この時期、サロン前の池には、水鳥が多く飛来して、大変癒されます。
是非、ご来店下さいませ。

2020年2月29日(土)
私の考える、葬儀担当者の資質

@丈夫な体
 この業界は年中無休、24時間営業が当たり前で、弊社のような貧弱な人員体制では、一人の担当者が全ての業務に対応しなければなりません。
その為、寝不足であろうが、又朝食・昼食を摂れなかったとしても、倒れる訳にいきません。
筋肉痛になっても、ゆららの湯でマッサージを受ければ、体力・気力とも回復する能力が必要なのです。

A旺盛なサービス精神
 ご遺族の方に喜んでいただけると思える事なら、基本どんな事でもやります。
旅行会社で、添乗員をしていた頃の、ホスピタリティマインドは、ほぼそのままです。

その他の事は、どうにかなるものです(*'ω'*)

2020年4月1日(水)
家族葬は、おいくら?
事前相談もありますが、既にお亡くなりになってからの問い合わせもよくあります。
気が動転して、緊張されているのはわかるのですが、「家族葬、いくらですか?」と言った料金面だけの問い合わせがとても多いのです。
 ・自宅葬か、会館のご希望か?
 ・安置場所は?
 ・大体の人数は?
 ・故人様の住所地は?
等、お聞きしてからでないと、一概にナンボと案内しづらいのです。
少ない情報の中でざっくりした金額を案内するのですが、大抵それだけで、納得され電話を切られます。 ( ;∀;)
本当は、相談サロンにでもお越しいただき、お会いしてご案内させていただきたいのですが・・・・ しょうがありません。?( ;∀;)
2020年4月30日(木)
コロナ禍での、ささやかな楽しみ

 心富瑠さんは、コロナの影響は無いでしょう?
と、聞かれますが、確かに店を閉めている訳ではありませんし、葬儀の依頼件数には、特に変りはありません。
しかし、もともと低価格でシンプルな葬儀を施行している弊社ですが、更に小規模、更にシンプルにと、どんどん売上が下がり、結構大変なのです。 (>_<)
 そんな中、この頃の楽しみは、料理店の弁当です。
今まで行ったことのない店や、普段テイクアウト対応のない店なんかで、たまに感動の美味しさに出会う事があります。
コロナ禍が、落ち着いたら、お店でランチを楽しみたいものです。 (^.^)/~~~

2020年5月29日(金)
新しい日常の葬式

 弊社の、ここ1〜2ケ月の施行で、一般の参列があったのは、ほぼ皆無です。
又、親族でも、遠距離の参列は辞退されるケースが多く、ごく小規模での見送りとなっています。
参列の方のマスク着用は、勿論ですが、読経中の導師もマスクをかけたままの方が多いです。
 緊急事態宣言が解除されましたが、これからは新しい日常を受け入れ、小規模の家族葬が中心となるでしょう。
弊社はこの分野の第一人者と自負しております。
是非、なんなりとご相談下さいませ。

2020年6月30日(火)
今ふたたび自宅葬

 20〜30年前より、セレモニーホールでの葬儀が一般的になり、近年はコンビニの跡等を利用した、小規模ホールが増えてきました。
安置から通夜・葬儀・初七日法要とスムースに対応でき、参列者の交通の便も良いでしょう。
しかし、自宅で対応出来るくらいの人数であれば、わざわざセレモニーホールを利用する必要が無いと考える方もおられます。
事前相談等で、数社を検討されてた方にはよく分かると思いますが、葬儀社により、自宅葬が苦手、もしくはすごく高額な所があります。
弊社でも、提携のセレモニーホールを手配する事は可能ですが、基本はシンプルな自宅葬です。
自宅葬をお考えなら、是非弊社にお任せください。 (^。^)/

2020年7月31日(金)
体が資本

 先日の施行で、出棺時ストレッチャー操作を誤り、右ひざを負傷しました。
その場では、痛みに耐え、どうにか無事に葬儀を終えましたが、現在、松葉杖の世話になっています。 ( ;∀;)
こんな状況では病院にお迎えにも行けず、チラシのポスティングも出来ずで、ここ暫くは相談サロンに籠ったままです。
 数年前にも、子犬をなでようと手を出したら、それをガブリと噛まれ、約1ヶ月間、寝台車の運転が出来ずに、大変な目に遭いました。
 今後、もう少し思慮深い行動を意識するよう心がけます。  《反省》

2020年8月29日(土)
 体が資本

 昨日、安倍総理が、体調不良を理由に辞意を表明されました。
弊社の創業と、同時期に就任され、勝手に同士の様に思っていました。
本当にお疲れ様でした。
 さて、私の方はお陰様で、足の怪我はすっかり完治しました(^^)/
日記をご覧いただいた多くの方より、お見舞いのお言葉をいただき、ありがたく思います。
まだまだ残暑厳しく、体に堪える日が続きますが、お互いに体を大切にしましょう!

2020年9月29日(火)
続 新しい日常の葬式

 先日の喪主様は、参列される親族の感染予防を第一に考え、実施されました。
高齢の方の負担にならないように、通夜無しの一日葬とされ、食事は無しで「粗飯料」を用意されました。
葬儀当日は、綺麗な提携式場にて、花祭壇のご依頼をいただきました。
喪主様始め、親族皆様には、素敵な花祭壇は大好評でしたが、たった2時間弱で、バラしてしまうのが、大変申し訳なく、もったいなく思いました。
これからは、このような日程をシンプルにした葬式が主流になってしまうのでしょうか?
少し切ない気がします・・・・